顔脱毛 医療

医療レーザーは効果大

顔脱毛のような産毛の脱毛ってサロンだと効果が出にくいですよね。

 

だから顔脱毛をするなら医療クリニックでのレーザー脱毛がおすすめです。

 

医療脱毛だと産毛のような薄い毛でも効果が高いし永久脱毛だって可能ですからね。

 

医療レーザー脱毛

でも医療レーザー脱毛って、サロンに比べると価格が高いと感じますよね。

 

まとまったお金が用意できないと、なかなか医療クリニックで脱毛ないです、

 

ただ脱毛クリニックなら医療ローンで分割払いもできますので、月払いのローンを組んででも医療脱毛のほうが良いと思います。

 

いくら安いからといって効果のなかなか出ないサロンに通い続けるのは、お金を捨てているようなものですからね。

 

さらに実は、医療脱毛は短い期間で終わるし、永久脱毛なら将来また通う必要もないから、トータルではサロンより安いんですけどね。

 

また、医療レーザー脱毛はサロン脱毛に比べると、ちょっと痛いというのがあります。

 

効果が高いから仕方のないことですが、どうしても痛いのが苦手と言う人は、新しい方式のサロンが良いと思います。

 

顔脱毛も高い効果のSHR脱毛

SHR脱毛といって、これまでの熱で毛根を破壊するものではなくて、毛の成長を司令している部分を弱らせる「蓄熱式」という方式なんです。

 

温かい程度の熱しか使いませんので、ほとんど痛みがなく、しかも顔脱毛のような産毛に対しても高い効果があるんです。

 

SHR脱毛のサロンはまだまだ少ないですが、全国規模のサロンも出てきていますので、顔脱毛をするなら少し遠くてもSHR方式のサロンに通ったほうが良いでしょう。

 

そんな、顔脱毛に適している医療レーザー脱毛のクリニックと、SHR脱毛のサロンを紹介したいと思います。

医療脱毛クリニック

医療脱毛で使用するレーザー光は、脱毛サロンで使用する光とは違っています。

 

サロンで用いている光はいろんな波長の光が混ざっていて、技術を必要とせず広く照射が可能ですが、パワーを強くすることができません。

 

レーザーは単一の波長のみの光で、一方向にパワーを集めることができるため、効率よく照射することができます。

 

レーザー光はパワーが強いため医療行為とされ、医療機関でないサロンでは使用できません。

 

ただ医療レーザー脱毛といっても、使用している脱毛機にはいくつか種類があるんです。

 

レーザー脱毛機の特徴

大きく分けると、ダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、ヤグレーザーの3種類があります。

 

また、ダイオードレーザーには、一般的は「熱破壊式」と、サロンのSHR脱毛と同じ「蓄熱式」があります。

 

それぞれのレーザーには特徴があって、顔脱毛に適しているのと、あまり適してないのがあるんです。

 

ダイオードレーザー(熱破壊式)

 

アレキサンドライトレーザーとヤグレーザーの中間的な波長のレーザーで痛みと効果のバランスの取れたレーザーとなっています。

 

新しい脱毛専門の美容皮膚科などでは、ダイオードレーザーを使用したクリニックが増えてきました。

 

ダイオードレーザーは、皮膚のメラニン色素がある層の下まで届くので、肌への影響が少なく痛みも少なくなります。

 

そのため、レーザーの出力を高くすることが可能で、メラニン色素の少ない産毛などの薄く細い毛の脱毛効果も高くでなります。

 

肌への影響が少ないので、色黒や日焼け肌の人にも照射が可能です。

 

痛みも少なく産毛のような薄い毛にも効果が高いので、顔脱毛に適しているレーザーです。

ダイオードレーザー(蓄熱式)

 

ダイオードレーザーには一般的な熱破壊式のほかに蓄熱式の脱毛機もあります。

 

従来の熱破壊式は、強い光を一瞬照射(ショット)して高い熱で毛根を焼く方式でした。

 

新しい蓄熱式は、弱い光を連続して照射してバルジ領域という『毛の細胞を生成させる部分』に、温かい程度の熱でダメージを与えます。

 

今生えている毛の根本を焼いて抜くのではなく、新しい毛が生えてくるのを止める方式なので、効果が出るのに時間がかかる方式です。

 

効果の実感が遅くなるだけで、効果が低いわけではありません。

 

メラニン色素を必要としない方式なので、毛の種類に関係なく痛みも少ないので、顔脱毛などの産毛の脱毛に適している脱毛法です。

 

ダイオードレーザーを使用している医療クリニック
アリシアクリニック

最も痛みを感じにくく、肌への負担が少ない機種『Lightsheer DUET(ライトシェアデュエット)』を使用しています。

 

そのほか、VIOなどデリケートな部位も効率よく脱毛することができる『GentleLase Pro(ジェントルレーズプロ)』や、ひとつの機械でアレキサンドライトレーザーとヤグレーザー2種類のレーザーが同時に出せる世界初の『Splendor X(スプレンダー エックス)』も使用しています。

 

詳細はこちら

 

レゼクリニック

時間短縮、痛みの軽減のバランスが取れた脱毛機『熱破壊式ダイオードレーザー脱毛機』を開院当初から導入しています。

 

肌全体をじっくりと温めながらバルジ領域を破壊するので痛みが少なく、施術後の肌へのダメージも少ない『蓄熱式ダイオードレーザー脱毛機』を部位によって使い分けています。

 

色素沈着のある部位や、濃く根深い毛にも高い効果を発揮する『熱破壊式YAGレーザー脱毛機』も使用しています。

 

詳細はこちら

 

クレアクリニック

医療メーカーとしても世界でトップクラスの実績を誇るルミナス社が開発した、東洋人の肌に合った脱毛機『Light Sheer DUET(ライトシェアデュエット)』を導入しています。

 

詳細はこちら

アレキサンドライトレーザー

 

日本人のような黒い毛の脱毛に効果が高く、古くから導入されて、これまで主流となっていたレーザーです。

 

メラニン色素に効率よく反応するため、高い脱毛効果を発揮しますが、高温の熱による痛みも伴います。

 

しかし、光の波長が短いため皮膚の比較的浅い部分までしか届かず、肌へのダメ―ジも大きくなります。

 

そのため、色黒の肌への照射は、肌のメラニン色素に反応する可能性もあり、火傷リスクが高くなります。

 

顔脱毛のような産毛はメラニン色素が少ないため効果が出にくくなります。

ヤグレーザー

 

アレキサンドライトレーザーとは逆で、波長が長く皮膚の奥深くまで届き、肌へのダメージがあまりありません。

 

肌に影響を与えないので色黒や日焼け肌の人にも照射が可能です。

 

しかし肌トラブルが少ない反面、皮膚の奥までレーザーが入るので、とにかく痛いのがデメリットです。

 

根が深く濃い毛から産毛のような薄い毛まで幅広く効果を発揮しますが、痛いため顔脱毛にはあまり向いていませんね。

SHR方式の脱毛サロン

脱毛サロンではIPL脱毛という、医療レーザー脱毛と同様に、照射した光をメラニン色素に反応させて、熱によって毛根を焼く方式が主流です。

 

最近では、大手脱毛専門サロンのミュゼプラチナムなどがs.s.c.方式という、IPLにジェルの抑毛効果をプラスした美容脱毛が出てきました。

 

s.s.c.脱毛は、IPLより優しい光を使用して痛みを抑えて、光に反応して抑毛効果を発揮する特殊なジェルによって美容効果を高めた方式です。

 

どちらもレーザー脱毛と比べると光の出力が弱く、完全に毛根細胞を死滅することはできなく、また照射ムラや打ち漏れなどにより、完全に脱毛が完了するまでに回数必要です。

 

さらに、メラニン色素を必要とするので、細く薄い産毛のような顔脱毛は効果が出にくい方式でした。

 

実際、ミュゼプラチナムでは顔脱毛のメニューがありません。

 

顔脱毛をしてくれる脱毛サロンでも、黒く太い毛と違って顔脱毛は効果があまり期待できないと思って良いでしょう。

 

しかし、最新のSHR脱毛ならメラニン色素を利用しないので、黒く太い毛でも薄く細い毛でも毛質に関係なく効果が発揮されます。

 

日焼け肌や色黒の肌でも施術できるのも嬉しいですね。

 

SHR脱毛は、顔脱毛にとても適した脱毛方式と言えるのです。

 

SHR脱毛機の特徴

IPL脱毛やs.s.c.脱毛のような熱破壊式の脱毛方式は、瞬間的に光を照射してメラニン色素に反応して出た熱で毛根を焼きます。

 

そのため、熱によってパチンとゴムで弾かれたような痛みを生じるのです。

 

SHR脱毛は弱い光を断続的に照射して、毛穴の中全体を温かい程度に熱を集めて、バルジ領域という発毛の司令を出す部分にダメージを与えます。

 

毛が生えている必要がないので、毛周期に関係なく施術ができますし、肌へのダメージが少ないので施術間隔も短くできます。

 

一回の施術時間も全身で最短20分という超スピード施術でストレスフリーなんです。

 

ほとんど痛みを感じないで、色んな毛質に効果があって、肌に優しく、短期間で脱毛が完了する万能の方式のようですがデメリットもあります。

 

これまでの脱毛は今生えている毛にアプローチするので、毛が抜け落ちるため効果を感じるのは早いです。

 

しかしSHR脱毛は毛の状態に関係なく、発毛の機能を弱らせる方式なので、今生えている毛が自然に抜け落ちるまで効果の実感ができません。

 

脱毛効果を感じるのは遅いですが、脱毛効果が低いわけではありませんので安心してください。

 

新しい方式なので、採用している脱毛サロンが少ないのが実情です。

 

SHR脱毛機を使用している脱毛サロン
ストラッシュ

最新の脱毛方法のためまだ採用しているサロンが少ない最新SHR脱毛機器を採用しています。

 

数少ないSHR脱毛のサロンの中で、全国に店舗を展開中の脱毛専門サロンです。

 

詳細はこちら

 

ラココ

10秒間で約1000本ものムダ毛を同時に処理できる圧倒的なスピードで超高速連射式のSHR方式脱毛機を使用しています。

 

関東だけでなく、関西や中四国地方の都市にも展開中です。

 

詳細はこちら

顔脱毛の効果が出にくい理由

従来の脱毛サロンでは、どうして顔脱毛の効果は出にくいのでしょうか。

 

従来の脱毛サロンとは、光をメラニン色素に反応させて毛根を焼く熱破壊式の脱毛方式です。

 

IPL脱毛とかs.s.c.脱毛とかがありますが、どちらも顔脱毛などの産毛は効果が出にくい場合があります。

 

実際、日本最大手の脱毛サロンはs.s.c.方式ですが、顔脱毛はメニューにあります。

 

そうなんです。超有名なあのサロンでは顔脱毛ができないんです。

 

その理由の一つとして、産毛はメラニン色素が少ないので光が反応しにくいというのが挙げられます。

 

効果を高めようと光の出力をあげると、毛のメラニンだけでなく肌のメラニンも反応してしまうリスクがあります。

 

産毛は肌に近い色をしているので、顔脱毛のような産毛の脱毛は効果を高めると肌への影響が増えるんですね。

 

それともうひとつ、熱破壊式の脱毛は高い熱により毛根を焼くので、痛みが強いという特徴があります。

 

その痛みを和らげるために冷却用のジェルを使ったりするのですが、そのジェルによって温度が下がる反面、脱毛効果を下げることにもつながります。

 

効果を高めれば痛みも強くなってしまうのが熱破壊式のデメリットで、効果を維持しながら痛みを和らげる技術が必要となるのです。

 

s.s.c.方式は、IPL方式にジェルの抑毛効果をプラスした方式で、IPLの痛みを和らげて効果を下げる代わりにジェルの抑毛効果を利用しているんです。

 

だから、顔脱毛のような産毛脱毛には適していない脱毛方式と言えます。

 

なので、サロンで顔脱毛をするならSHR方式のような毛質に左右されない効果が出る脱毛方式が良いんです。

 

では医療脱毛はどうなのでしょうか?

 

医療レーザー脱毛にも熱破壊式と蓄熱式があるのですが、ダイオードレーザーでも多くは熱破壊式となっています。

 

熱破壊式の医療脱毛ならサロン脱毛と同じように顔脱毛は効果が出にくいのではないのかと思うかも知れません。

 

しかし、IPL脱毛に比べれば医療ダイオードレーザー脱毛は産毛にも効果を発揮します。

 

それはレーザー光は単一の波長で、毛根をピンポイントに狙って照射ができるからです。

 

サロンで用いる光は出力が弱いので、皮膚の表面に出ている毛から熱を毛根まで伝えてダメージを与えます。

 

つまりIPL脱毛は光は弱くても肌表面へのダメージがあるのです。

 

それに対してレーザー光は皮膚の奥まで届いて、ダイオードレーザーなら皮膚の表面にあまり影響を与えません。

 

なので、出力の強い医療レーザーを照射できるわけです。

 

もちろん色黒の肌になると、肌への影響が出やすくなるので、肌の色は白いほうが出力を高くできるため効果も高くなります。

 

そういう理由から、顔脱毛は医療脱毛か、サロンなら蓄熱式のSHR脱毛が良いということなんです。

更新履歴